介護療養型医療施設

介護療養型医療施設とは、介護保険3施設の中の一つです。 介護保険3施設には、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)、介護老人保険施設(老人保健施設)、介護療養型医療施設(療養型病床群等)があり、都道府県知事が指定している介護施設の総称となっています。


介護療養型施設は、老健と呼ばれている老人保健施設と似ており、長期入所は出来ないとされています。しかし現状は次の受け入れ先が決まるまで入所している方が多いようです。性質上、老人ホームと呼べない形ですが、入所先を待つ間に存在すると言った感じです。
また、こちらの場合、要介護認定を受けた方のみで、介護1以上の方を対象としています。


介護保険3施設の中でも医療面では手厚くなっており、集中して治療を受けたあとに入る方が多くなっています。あまり馴染みのない施設ですが、病院と一緒になっていることが多く、外来も受け付けているためにわかりにくくなっています。


軽費老人ホームの中にケアハウスという老人ホームがありますが、介護療養型施設を経て入所する方も多くなっています。
今後の動きとして、介護と療養に関しては介護療養型施設が廃止になり、ケアハウスと老健に分かれるのではないかと言われています。
糖尿病患者の介護でしんどい思いをしている方は覚えておくと良いでしょう。