養護老人ホーム

養護老人ホームの審査基準はかなり厳しいです。仕事をしている家族がいる、ある程度の所得がある、通ってこれる距離に家族がいるとなった場合でも、養護する必要があるかどうかにより入所出来るかどうかが決まります。

養護老人ホームに入所可能な方は、生活保護世帯や低所得者の方に限られておらず、収入によって利用料金が変わります。知的障害を持っていたり認知症など、自宅で生活が困難になった高齢者も入居出来ますが、必要な介護によっては養護老人ホームではない施設が適切となるため、該当する施設への入所をご検討いただく事になります。
糖尿病患者にも養護を必要とする境遇の方なら入所は可能ですが、看護師が出勤していない日もあり、勤務人数も多くはないため対応出来ない場合があります。そのため、インスリン注射については自己注射が出来る事が条件となりえます。

養護老人ホーム入居対象者は、身体や精神、または環境的、あるいは経済的理由で自宅生活が行えないと判断された方など、介護を必要としている訳ではなく養護が必要な方となっています。市町村で認定され、審査委員会が開かれ入居者が決定するようになっています。対象年齢は原則65歳以上となっておりますが、65歳以下の方でも市町村長が認めれば入所は可能です。

施設は医療法人や社会福祉法人が主に運営していますが、認可を受けた一般の法人も運営をしています。
糖尿病患者でも一定の基準を満たした方であれば、入居は可能ということになります。その中には、身寄りのない方も多いようです。