糖尿病でも入れる老人ホームの条件

糖尿病でも入ることができるような老人ホームとは、基本的に特別養護老人ホームであるといえるでしょう。これは、省略して特養とも呼ばれるところであり、医師と看護師の配置が義務づけられているということがありますから、糖尿病であろうともその対応をしてくれるということになります。

そもそも、まず大事になってくるのが自分でインスリン注射を打つことができるのかということであり、認知症などを患っているということもあったりすると、さすがにそれができないということになりますので、ほぼ特別養護老人ホームしかないということになるでしょう。

介護福祉士とかそういう人たちがいるわけですが、あくまでできるのは介護であり、どうしても注射を打つということが代行してできないので、やはり医師、看護師の配置がされている特別養護老人ホームにするということが重要になります。

これがまずは大原則を、ということになりますからこれはしっかりと理解しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です