糖尿病よりも入所は要介護度重視

私は学生時代にボランティアで知り合いの糖尿病患者の家にお手伝いをしにいっていました。
その糖尿病患者の方は在宅でインシュリン注射を自分で行っていましたが、時々家族の方がいないとインシュリン注射を打ち忘れたりしていたので家族の方は老人ホームへの入所を検討していました。

しかし、私がボランティアで家にくるようになってからはうち忘れがないように声掛けをしたり、一緒に散歩に出かけたりしていたのであまり心配はありませんでしたが、私が短大を卒業し就職するのを機に老人ホームへ入所することになりました。

その時に一緒に老人ホームを探したり、一緒にケアマネージャーの方と話をしたりしました。
探し始めて二ヶ月ほどでやっと入所する老人ホームを見つけることができました。

糖尿病患者の方は自分で歩いたり、特に認知症があるわけでも無かったため要介護度が低かったので入所できる老人ホームが中々見つかりませんでした。
要介護度が低いと入りにくい事もありますが、糖尿病で老人ホーム側が受け入れを拒否することはほぼ無いとその時話したケアマネージャーの方がおっしゃっていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です