糖尿病患者の老人ホームの選び方

糖尿病の患者の多くがインスリン注射を行い、日々の血糖値をコントロールしています。
近年糖尿病の患者が増えてきているので、介護現場でも糖尿病についての勉強会を行ったりして、糖尿病患者への関心や理解を深めています。
糖尿病患者に対する知識を持った介護士や看護師が増えてきているので、安心して老人ホームに入所させる事ができます。
例えば、埼玉県の糖尿病でも受け入れが出来る老人ホームの一覧があります
インスリン注射がある利用者でも職員が見守りを行いますし、自分でインスリン注射ができない方には看護師が管理して行ってくれます。
近年の老人ホームにおいて糖尿病があるからといって受け入れを拒否するところはほぼありません。

糖尿病患者で最も怖いのは、急変時の対応、低血糖症、その他合併症です。
家族の方が老人ホームを選ばれる際は、夜間に看護師が在中している老人ホームを選ぶ事をオススメします。
老人ホームの仕事のほとんどは介護士と看護師で行うので、医師は本当に危ないときにしか駆けつけることはないところも多くあります。
糖尿病で受け入れてくれないことはほぼ無いので、夜間でも対応してくれる老人ホームを選ぶようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です