老人ホームが安全。糖尿病は食事管理が大変

現在糖尿病患者が増えており、病院に入院されている方も多くいます。
病院は医師や看護師、さらにスペースの不足で長期入院する事が難しくなってきています。

在宅で看病するのは大変で、何より食事の管理が一番大変になって来ます。
病院なら管理栄養士が栄養管理してくれますが、在宅でやるとなると結構大変です。

そこで、老人ホームでの生活を行うようにすれば、栄養管理や体調管理を専門職が行ってくれます。
糖尿病患者を優先して入所してもらっている施設もあるので、老人ホームの方が退所させられる心配も少ないので、安心して生活を送ることができます。


栄養管理では医師、看護師、管理栄養士、介護士などの専門職の意見を取り入れたメニューが毎日提供されるので安心です。
私も実際に老人ホームで提供されている糖尿病患者様の食事を食べたことがありますが、普通食とほぼ大差ありませんでした。
主食はそのままにご飯の量を減らしたりしてその人にあった食事を提供してくれます。
糖尿病患者の方が介護が必要なので優先して入所させてくれる所もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です