糖尿病でも老人ホームは選べます

職業柄、施設を探すお手伝いをさせていただくことが多くあります。
今や、糖尿病を持病としてお持ちのかたはたくさんおります。
「糖尿病」だからと言って施設入所を断られることはほとんどありません。

しかし、糖尿病の治療方法とご本人様の状態によってはお断りされてしまうことがあります。
有料老人ホームでは介護職員がケアに当たり、看護職員が常駐していない施設が多くあります。
そのような施設では、インシュリン注射をされている方は断られてしまうことが多くあります。
看護職員は本人やご家族に替わってインシュリン注射をお手伝いすることができないからです。

日中しか看護師がいない施設でも朝食前や就寝前などの時間に対応することができないため、受け入れていただくことが難しくなります。
一方で糖尿病でもインシュリン注射での治療の必要がなく、内服薬だけの治療の方は断られることはほとんどありません。
内服のお手伝いであれば、介護職員でも対応が可能だからです。
長年、インシュリン治療をされている方でも内服薬での治療に切り替えていただける場合もあるため、主治医の先生にご相談されてみるのも一つの手です。
糖尿病でも内服治療でコントロールできている方は有料老人ホームの選択肢は多くあります。
また、インシュリン注射をされている方も24時間看護師が常駐している施設であれば受け入れが可能ですので、職員体制を確認してご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です