「未分類」カテゴリーアーカイブ

糖尿病で施設入居した際の注意点

わたしは介護職員の30代の男性です。
今の社会では糖尿病の患者は多数います。
当然高齢者でも糖尿病の高齢者は数多くいます。糖尿病で介護施設への入居を断るところはあまりないようには思っていますが、あるとすれば、看護職員などの医療職員がいないところや、介護施設ではカバー出来ないほどの重度の糖尿病の高齢者くらいだと思います。

なぜ糖尿病は医療的管理が必要かと言うと、糖尿病はさまざま合併症がある病気でもあります。
例えば、高血糖や低血糖による意識障害や、腎不全などの他の臓器へ悪影響が出てくる場合があります。
そして、糖尿病の高齢者は怪我をするとその傷が治りにくく、治療などをしなければそのまま壊死してしまったり、傷口からばい菌が侵入してしまい、敗血症と言う血液の病気になる可能性もあります。

高齢者の多くはその事に気付かずに病状が悪化してしまい、他の病気になってしまう可能性もあるので、他者の管理が大切になります。高齢者は自分の、考えを押し通す事が顕著になりやすいのでとても注意が必要です。

糖尿病でも老人ホームは選べます

職業柄、施設を探すお手伝いをさせていただくことが多くあります。
今や、糖尿病を持病としてお持ちのかたはたくさんおります。
「糖尿病」だからと言って施設入所を断られることはほとんどありません。

しかし、糖尿病の治療方法とご本人様の状態によってはお断りされてしまうことがあります。
有料老人ホームでは介護職員がケアに当たり、看護職員が常駐していない施設が多くあります。
そのような施設では、インシュリン注射をされている方は断られてしまうことが多くあります。
看護職員は本人やご家族に替わってインシュリン注射をお手伝いすることができないからです。

日中しか看護師がいない施設でも朝食前や就寝前などの時間に対応することができないため、受け入れていただくことが難しくなります。
一方で糖尿病でもインシュリン注射での治療の必要がなく、内服薬だけの治療の方は断られることはほとんどありません。
内服のお手伝いであれば、介護職員でも対応が可能だからです。
長年、インシュリン治療をされている方でも内服薬での治療に切り替えていただける場合もあるため、主治医の先生にご相談されてみるのも一つの手です。
糖尿病でも内服治療でコントロールできている方は有料老人ホームの選択肢は多くあります。
また、インシュリン注射をされている方も24時間看護師が常駐している施設であれば受け入れが可能ですので、職員体制を確認してご相談ください。

糖尿病でも入居可能な老人ホーム

糖尿病の母親は遠方で一人暮らしをしています。
私も一人っ子で、すぐには手伝いにいけないため、ゆくゆくは老人ホームにお世話になりたいと考えていました。
もう70代後半になった母親は、やはり体の不安もあるようで、老人ホームへお世話なった方が安心できるので、糖尿病でも入居可能な老人ホーム探しをすることにしました。

今、お世話になっている病院へ老人ホームについて相談してみると、病院が経営している老人ホームがあり、そこは様々な既往症をお持ちの患者さん方が入居しているので、食事管理も徹底しているし、看護師も常時いて病院と連携しているので安心して生活することができると分かり、見学することにしました。

設備が行き届いているので金額もかなり高いですが、やはり安心できる環境なのでこちらへ入居して、老後はゆっくりと過ごしてもらいたいと考えるようになり、老人ホームは病院が経営しているとこを利用することにしたので、母も喜んでいます。

糖尿病でも入れる老人ホームを調べよう

糖尿病は今や国民病といっても過言ではなく、珍しい病気ではなくなっています。また病気の進行に伴う合併症が心配です。「糖尿病で失明してしまった」という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

老人ホームへの入居を考えている方の中に、「糖尿病があるので入れる施設があるか心配だ」という方もいらっしゃるでしょう。しかし、珍しい病気ではなくなった今の時代はしっかり対処してくれる施設も増えています。

例えば、特別養護老人ホームの入居基準には、「糖尿病性神経障害」「糖尿病性腎症」「糖尿病性網膜症」が入っています。また、インスリンを投与している方の受け入れ可能施設もネットで簡単に調べることができます。

しかし、健康な人よりも老人ホームを探すのに難儀するというのは否定できない事実です。糖尿病にならないように、また糖尿病の可能性がある方はそれ以上病気が進行しないように、生活習慣を見直して規則正しい生活を送ることが大切でしょう。

糖尿病でも入れる老人ホームはある?

遠方の実家に独り暮らしをする私の父は65歳で元気に自立生活していますがやはり年齢的にあちこち気になる所が出てきています。
血圧も血糖値も高めであるので私が目下のところ心配なのは糖尿病なのですが、私も今後実家に戻れる予定はないので老人ホームはどうかと考えました。
その際、もしこの先糖尿病になっても安心な糖尿病患者を受け入れてくれる老人ホームがあるか探しました。
結局はお金はかかるけれど糖尿病でも入居可能な老人ホームはあると分かりました。

やはり高齢者ならたとえ現在健康だとしてもその後の糖尿病のリスクは少なからずあるものなので時代の流れとして受け入れができる所は増えてるようなのです。

もし糖尿病になったらインスリン注射が必要なので24時間看護スタッフが常駐している老人ホームでないと安心できません。
また糖質制限食や運動の実施などに力を入れているかなども選ぶポイントですが、それを叶えるとなるとやはり金額的には高くなるのは仕方ないですね。
調べてみるといい医療クリニックが併設してる老人ホームも珍しくないですね。

しかし、さすがに老人ホームは病院ではないのでひどく症状の悪化し高度な医療を受ける必要が出たら退去するしかないのは子供の立場として覚悟しておく必要があります。

糖尿病でも入れる老人ホームの探し方

糖尿病でも入れる老人ホームを探そうと思った時にどうやって探したかというと私の場合はすでに老人ホームを利用している知り合いに相談して探したというのがありました。

この方法が一番確実で良い情報が手に入ると思ったので、すでに老人ホームを利用していた知り合いに聞いたというのがありました。
特に糖尿病でも入れる老人ホームとなると簡単には見つからないというイメージがあったので慎重に探す必要があると思ったからです。

それですでに老人ホームを探した経験がある人に聞いた方が良いと思って聞いたのですがその甲斐はあったと思いました。
確かにその知り合いは糖尿病でも入れる老人ホームは利用してなかったのですが、 探す時に糖尿病でも入れる老人ホームもいくつか見たという事でその情報を得られました。

なので、すでに利用している人の意見を聞いて良かったと思いました。
おかげでどこにそういう老人ホームがあるか見つける事ができて良かったと思っています。

糖尿病でも入れる老人ホーム

今の日本では、糖尿病でも入れる老人ホームは数多くあります。
なぜなら糖尿病の高齢者自体が今はかなりの数の人がいるからです。
高齢者自体の既往歴が複雑化していますし、病気の事で入居申し込み出来ないところはあまりないかと思われます。

特別養護老人ホームならば確実に糖尿病の方でも入居できます。
特殊な医療的管理を必要としないならば入居可能ですので、とりあえず入居したいのならばおすすめではあります。

糖尿病の方は薬物管理や食事管理、運動管理などが必要になってきます。自己管理出来る人は自宅で管理できるとは思いますが、要介護認定をされている方では、管理に不安を感じます。
要介護認定自体されていると、何かしらの他者の介入が必要になってきますので、糖尿病の自己管理は難しいと思われます。

ですので、だれかに見守りや確認をしてもらえる環境づくりも大切になってきます。
高齢者は一人で不安に生活する人も多く、だれかに見守ってもらえると安心して生活できると思います。

食事や看護師の対応が糖尿病の人にはいる

糖尿病の人でも入れるようになっている老人ホームというのは実はかなり多かったりします。
但し、自分でインスリン注射ができるのかどうかということによっても大分変わってくるので、その辺りの自分の状況あるいは自分が入れようとしている人の状況というのを考えて、全てを選ぶ必要性はあります。

もちろん、施設に入ってからそれはできませんので言われることはありませんので、その点は心配することではないのですが、後は気をつけたいのが食事です。

糖尿病の人は、当然ですが食事内容が普通の人とは変わってくるということになりますので、それに対処できるのかという施設側のリソースの余裕というのが求められることになります。

ですから必ずしも現在糖尿病の人が受け入れられているからといっても、空きがあれば追加でその人が入れるかどうかというのは別問題になったりするのは、老人ホームを選ぶ時に難しい問題になってきたりする部分と言えるでしょう。
そこがあってこそ、利用できる老人ホームとなるのです。

重度の糖尿病で特養に入れる手を探りました

実母がインスリン注射が必要な重度の糖尿病で、現在は特別養護老人ホームに入居しています。
ただ、特別養護老人ホームは待機期間が長く、入居できるまでは大変でした。

認知症もありますが歩行は問題なく、食事などの自立も出来ているほうだったので、要介護度2から上がることなく、なかなか特別養護老人ホームに申し込むことすらできませんでした。
しかし、地域のグループホームや看護師が常駐していないということで、インスリン注射が必要な患者は断られてしまい行き場がありませんでした。

インシュリン注射は家族がすることもできますが、私は仕事をしていたのと、少しずつではありますが認知症の症状が進んでいく母の在宅介護は大変でした。
そこでケアマネに相談し、最初は糖尿病の管理も兼ねて介護療養型医療施設に入居させてもらいました。

そこで医師に「在宅は困難」という診断書を書いてもらい、特別養護老人ホームの申込書に添付することで、そこから半年待ってようやく入居できました。
今は看護師さんが常駐でいて、提携病院もあり、糖尿が悪化すれば管理入院もさせてもらえるので安心です。

インスリン注射が必要な重度の糖尿病が入れるホームを探すときは、なんとか特別養護老人ホームに入れる手を探ってみることをおすすめします。

高齢者の糖尿病の管理

高齢者の糖尿病は軽い人もいれば、重症の人もいますが、高齢者の場合、糖尿病の管理がとても重要になってきます。
糖尿病はとても怖い病気で、さまざまな合併症をもたらすので注意が必要です。

しかしながら、高齢者のほとんどはその事に気付いておらず、ただ好きなご飯が食べられないや、体の調子がおかしいくらいとしか思っていないので、その事が怖いところです。

糖尿病は低血糖や高血糖になると意識障害が出てくるので、その時に間違った対処をしてしまいかねません。

普通の高齢者ですら、判断能力が落ちているので、ましてや介護施設に入居している高齢者だと、判断能力は期待出来ず重篤な症状になった場合、何も出来ずにそのまま最悪の場合になってしまう事が予測されます。

ですので、たかが糖尿病と思わずに生活してほしいです。
老人ホームで入居していると、症状が出たとしてもすぐに職員が気付きなんらかの対処をしてくれます。
病気は何事も初期動作がのちのち病状に左右してきます。

老人ホームが安全。糖尿病は食事管理が大変

現在糖尿病患者が増えており、病院に入院されている方も多くいます。
病院は医師や看護師、さらにスペースの不足で長期入院する事が難しくなってきています。

在宅で看病するのは大変で、何より食事の管理が一番大変になって来ます。
病院なら管理栄養士が栄養管理してくれますが、在宅でやるとなると結構大変です。

そこで、老人ホームでの生活を行うようにすれば、栄養管理や体調管理を専門職が行ってくれます。
糖尿病患者を優先して入所してもらっている施設もあるので、老人ホームの方が退所させられる心配も少ないので、安心して生活を送ることができます。


栄養管理では医師、看護師、管理栄養士、介護士などの専門職の意見を取り入れたメニューが毎日提供されるので安心です。
私も実際に老人ホームで提供されている糖尿病患者様の食事を食べたことがありますが、普通食とほぼ大差ありませんでした。
主食はそのままにご飯の量を減らしたりしてその人にあった食事を提供してくれます。
糖尿病患者の方が介護が必要なので優先して入所させてくれる所もあります。

本人や家族の考えも重要な施設の糖尿病管理

糖尿病の場合の老人ホームでの受け入れは、患者さんの状態によると言えます。
軽度で経口薬のみで対応できる場合は、糖尿病だからといって受け入れ不可の施設はほとんどないようです。
ただ、重度でインスリンの注射が必要な場合には、看護師がいる施設でないと難しく、そのホームでの看護師が常勤でいるかどうか、また、勤務時間により対応が可能かどうかで違ってきます。
比較的介護度の高い方が入る特別養護老人ホームでは、看護師の配置が義務づけられているのでインスリンの注射も可能なことがほとんどです。


一方で、糖尿病では食事管理も必要になってきます。栄養士が常勤でいる特別養護老人ホームや有料の老人ホームなどでは、塩分、糖分を管理した糖尿病食が用意できるようになっています。ただ、地域のグループホームの場合は、定員が10人程度の場合、栄養士が常勤であることは少なく、また1人のために別の食事を作ることは難しいので、糖尿病食としての準備はないところが多いようです。
ただ、それは考え方にもより、厳しい食事管理をしなくても美味しいものを食べて余生を楽しく過ごたいと本人が考える場合、また家族がその方が良いと考える場合は、糖尿病であっても普通食ということで受け入れてもらえる場合もあります。
そのため、本人がどう思うか、また家族の考えをしっかり持つようにしてから、ホーム探しをすることをおすすめします。

糖尿病患者は増えている

私が働いていた老人ホームでは、糖尿病の患者を受け入れる病棟がありました。
そこで働いている職員は、皆糖尿病に対する知識をしっかりと身につけて仕事をしていました。
なので急変時の対応も素早く行う事ができ、何度もピンチを乗り越えてきました。
実際に糖尿病の方を介護すると、他の利用者よりも手間や時間を取られることはあると思いますが、今後も増える可能性のある病気なので各施設きちんと備えて対応していると思います。

糖尿病がある方が老人ホームに入りやすかったりもします。
糖尿病は、在宅で生活していると急に低血糖症などの症状が出た時に対応できませんので、夜間でも巡回をして対応している老人ホームの方が安全です。
糖尿病は重度化すると入院しなければならないので、早期に対応できる老人ホームでの生活の方が医師も家族も安心できます。
実際に夜間に低血糖症が出た利用者が、巡回中の職員の発見により救われたこともあります。
在宅では発見が難しく何より家族の負担になってしまいます。
糖尿病の方と暮らされている方は一度医師に相談する事をオススメします。

糖尿病患者の老人ホームの選び方

糖尿病の患者の多くがインスリン注射を行い、日々の血糖値をコントロールしています。
近年糖尿病の患者が増えてきているので、介護現場でも糖尿病についての勉強会を行ったりして、糖尿病患者への関心や理解を深めています。
糖尿病患者に対する知識を持った介護士や看護師が増えてきているので、安心して老人ホームに入所させる事ができます。
インスリン注射がある利用者でも職員が見守りを行いますし、自分でインスリン注射ができない方には看護師が管理して行ってくれます。
近年の老人ホームにおいて糖尿病があるからといって受け入れを拒否するところはほぼありません。

糖尿病患者で最も怖いのは、急変時の対応、低血糖症、その他合併症です。
家族の方が老人ホームを選ばれる際は、夜間に看護師が在中している老人ホームを選ぶ事をオススメします。
老人ホームの仕事のほとんどは介護士と看護師で行うので、医師は本当に危ないときにしか駆けつけることはないところも多くあります。
糖尿病で受け入れてくれないことはほぼ無いので、夜間でも対応してくれる老人ホームを選ぶようにしましょう。

糖尿病患者でも入れる老人ホームはあるのか

糖尿病の認知症の高齢者なども、老人ホームに入ることができるのかというような不安があるでしょう。こればっかりは、その老人ホームによって違ってくるということになるのですが、認知症自体が問題ということもあるでしょうし、そうなりますと糖尿病の人のやらなければならないインシュリンなど、自分ではできないということになってしまうので、これがかなり対応として難しくなってきてしまうということがあります。

実際問題、受け入れが可能かどうかというのはどの程度の管理のシステムが構築できているのかということや、人手の問題がありますので基本的には受け入れているが今は無理というようなところもあったりするので、定期的に問い合わせるようなことをしておいた方が良いでしょう。大抵の老人ホームが今では順番待ちということになっていたりするので割と難しいことではあるのですが、糖尿病の患者の人でも入れる老人ホームというのはそれなりに存在はしています。

糖尿病よりも入所は要介護度重視

私は学生時代にボランティアで知り合いの糖尿病患者の家にお手伝いをしにいっていました。
その糖尿病患者の方は在宅でインシュリン注射を自分で行っていましたが、時々家族の方がいないとインシュリン注射を打ち忘れたりしていたので家族の方は老人ホームへの入所を検討していました。

しかし、私がボランティアで家にくるようになってからはうち忘れがないように声掛けをしたり、一緒に散歩に出かけたりしていたのであまり心配はありませんでしたが、私が短大を卒業し就職するのを機に老人ホームへ入所することになりました。

その時に一緒に老人ホームを探したり、一緒にケアマネージャーの方と話をしたりしました。
探し始めて二ヶ月ほどでやっと入所する老人ホームを見つけることができました。

糖尿病患者の方は自分で歩いたり、特に認知症があるわけでも無かったため要介護度が低かったので入所できる老人ホームが中々見つかりませんでした。
要介護度が低いと入りにくい事もありますが、糖尿病で老人ホーム側が受け入れを拒否することはほぼ無いとその時話したケアマネージャーの方がおっしゃっていました。

糖尿病の人でも入れる老人ホーム

糖尿病でも老人ホームに入ることができるのかといえば、基本的には状況によっては可能であると言えるでしょう。
問題となるのは認知症などを患っている程度の具合の問題の話であり、インシュリンなどを打つことに関しては、自分でできるのかどうかというような対応などのレベルによって、だいぶ変わってくることになると言えるでしょう。

自己注射や内服薬などによって血糖値のコントロールが必要になってくるということにはなるのですが、その場合に認知症の高齢者にはさすがに自分でコントロールするのは難しいということで、受け入れるところが多くあるのかといえばそうではないことが多いです。

しかし、まったくないわけでもなく、そういう人たちでも、十分に入ることができるような管理体制を整えている老人ホームというのも見つけようと思えばあるわけですから、費用的な問題はあるでしょうが諦めないで探すようにしましょう。
やはり最大のネックとなるのは糖尿病ということよりも認知症という部分になるわけです。

糖尿病でも入れる老人ホームはどこか

糖尿病患者でも入ることができる老人ホームというのは、色々と条件があります。
そもそも糖尿病ですと、大抵はインスリン接種治療を行っていることになりますが、それを自己管理できる状態であればほぼ問題はないです。

しかし、自分で管理ができない場合においては、その老人ホームの看護師による接種をしてくれることができる状況というのが求められることになります。その施設において、看護師の常勤の有無とかその時間帯がいつなのかということによって、インスリンを打ってもらうことができるのかということが違ってきます。

そういうことから、糖尿病患者でも入ることができるような老人ホームであるのかどうかということに影響してくるということになります。特老においては医師とか看護師の配置が義務付けられているというわけにはなっているのですが、勤務時間がいつなのかということによって受け入れ可能かということが違ってることになります。そこを確認しましょう。

糖尿病でも入れる老人ホームの条件

糖尿病でも入ることができるような老人ホームとは、基本的に特別養護老人ホームであるといえるでしょう。これは、省略して特養とも呼ばれるところであり、医師と看護師の配置が義務づけられているということがありますから、糖尿病であろうともその対応をしてくれるということになります。

そもそも、まず大事になってくるのが自分でインスリン注射を打つことができるのかということであり、認知症などを患っているということもあったりすると、さすがにそれができないということになりますので、ほぼ特別養護老人ホームしかないということになるでしょう。

介護福祉士とかそういう人たちがいるわけですが、あくまでできるのは介護であり、どうしても注射を打つということが代行してできないので、やはり医師、看護師の配置がされている特別養護老人ホームにするということが重要になります。

これがまずは大原則を、ということになりますからこれはしっかりと理解しておきましょう。

糖尿病でも入ることが可能な老人ホーム

糖尿病となりますと注射を打たなければならないということになるので、そういう状況の人の認知症であったりする場合は、老人ホームがなかなか受け入れる体制がなかったりする場合があります。
ここで重要になってくるのが、注射を打つということが介護の人になりますと基本的にその権限が存在していないということになりますので、実はかなり難しかったりします。


糖尿病の人の受け入れ状況というのはなかなか難しいのですが、全くないところがないというわけでもないです。
病院の近くにあったりする老人ホームであれば、それなりにそちらで対応してもらえることができるのであれば、介護の部分に関しての受け入れは十分に可能というようなことがあったりするわけです。


血糖値などの管理もしなければならないということになりますので、とにかく普通の認知症の高齢者よりもやらなければならないことが増えるのがネックであると言われるわけです。
そうした事があるからこそ、受け入れ態勢を整えるのが難しいわけです。